Little by little one goes far 大阪主愛教会の子育てパパブログ

大阪主愛教会の社会人男性(子育てパパ)です(^^♪

仕事研究11(平和に行うこと)

f:id:Blue_green:20200801231721p:plain

「争い」ではなく「平和」を選びましょう!

大阪主愛教会の男性社会人(子育てパパ)です。

今日の仕事研究11は、「平和に行うこと」について書いてみます。

 PJTチームを組んで、手分けして仕事をしていると、ネック工程(仕事が詰まって進んでいないこと)が見つかることがあります。全体で成果が出せなくなるので、是正するため人や組織に対して厳しく言わなければいけない場合、また言うことを周囲から求められる場合もあります。(ちゃんと、期日と約束を守ってしっかりやらんかい!( ;∀;)と)

 また、仕事なくても、生活や子育てでも、上手くいっていないことに対して、厳しく指摘したくなる時がありますよね。

そのような時、どのように言うべきか悩みますよね。

ビジネス的に結論から言うと、「相手が悪いとか、害を加えたとか、意見が合わないとか、どんな理由を問わず、争ったら敵になるので、平和に行った方が良い」です。

 牧師先生は、このような時には、「いつも平和と愛で行いなさい。厳しい言葉は、根本的に人を変えることはできない」と自身の体験と実践を通して教えてくれます。

 私は内心、「いやいや、そんなこといっても、信仰生活と仕事は違うし、相手は仕事も自分も舐めているし、ここは、数発かましておいた方が、PJTも引き締まって良いと思います」と思う時があるのですが、長い目で見ると、平和に行い、相手の言い分もよく聞いて、人格的に話した方がうまくいきました。

 というか両方試したのですが、お互いに厳しく接して、追い込んだ場合は、相手もだんだん委縮し、数年間は、ちょっと会ってもお互いにぎくしゃくしましたね。反省。

体験としても、やっぱり、愛で平和に行った方が良いと思いました。

 聖書には、真理が書いてあると言いますが、実践してみないと実感できないことが多いです。

仕事や人生においても是非、平和の実践をして、成果を上げられたらと思い書きました。

争い」か「平和」の選択で悩んだら、理由を問わず「平和」を選ぶことこれを覚えておいたら良いと思います。では(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

魔女の一撃!

f:id:Blue_green:20200725161416p:plain

魔女の一撃を初めて食らう

 

 火曜日、会議の後に、ノートパソコンを自分の机に置くために腰を左にひねった瞬間に、腰が「ぐきっ!」としました。「あれ、何だろう」と思って、座って、そのまま仕事をしていると、徐々に腰が痛くなってきました。この日は、痛いながらも一日働いて帰宅。

 これが、ぎっくり腰だはっきり、分かったのは、翌朝。起きようとしたら、痛くて起き上がれず、ハフ、ハフ言って、10分くらいかけて、ようやく立ち上がりました。

 ぎっくり腰で調べると「魔女の一撃」と丁寧に解説されており、読んだ瞬間、「魔女にやられた~」と思いました。

 水曜日は、大事な会議を主催していた手前、休むわけにもいかず、なんとか、歩いて出社し、電車にも乗って、そのまま一日働きました。(電車に乗るときは、立ち上がれないとまずいので、手すりポールの近くに座る。ポールポジション

ぎっくり腰で、分かったこと。

1)動いていると、だんだん腰がほぐれてきて痛みは和らぐ(「日常生活したほうが良くなる」というアドバイスもあり。私の場合もそうでした)

2)椅子に座ったり、寝たりして体を動かさない状態でいると腰が痛くなる(そして、起き上がれない、立ち上がれない)

3)腰に力をかけずに、太ももの筋肉を使って、立ち上がるこれは、とても効果的でした。立ち上がるときに、太ももの筋肉を使うことを意識するだけで、動作時の痛みがかなり和らぎます)

4.不意にぎっくり腰になる。【整骨院の先生と話していたのですが、「ぎっくり腰に気を付けて、腰を落として荷物を持つ」みたいに、気を付けている場合は、ぎっくり腰にならない。なるのは思いも寄らないとき、「くしゃみ」した時とか】

5.日にち薬が効く(確かに、だんだん良くなってきます) 

 ということで、4日目ですが、だいぶ良くなりました。一番ひどかったのが、ぎっくり腰をした翌日ですが、休むわけにはいかず(と勝手に思い込み)そのまま、時間をかけて出社したこと、日常生活をつづけたことが良かったと思いました。

では、「魔女の一撃」に気を付けてください!(^^)!

それでも、軽傷で済むようにして下さったと、神様に感謝します(^^♪。

 

 

ほっと、ひと息3

 大阪主愛教会は7月度も、オンライン礼拝です。明日も、オンラインで礼拝を守ります。

久しぶりに、長居公園植物園の写真で聖三位に栄光を帰します(^^♪

そして、コロナ拡大中ですね。皆さん、自ら気を付けましょう!

f:id:Blue_green:20200713204317j:plain

睡蓮が池を覆っていました(^^♪


f:id:Blue_green:20200713204246j:plain

小川で鴨も泳ぐ


f:id:Blue_green:20200713204156j:plain

最後のアジサイでした

 

 

財布拾いました(^^♪

 仕事の帰り道、ウオーキングで駅まで歩いています。今週歩いていると、少し先に、財布がポトリと落ちていました。何人か通ったのですが、面倒くさいのか、見て見ぬふり。財布落ちていても、拾いませんね。

 私は一応、拾って、中身を確認したら、運転免許証があったので、「あ、これは本当に落とし物の財布だ」と思いました。

 でも、さてはて、これはどうしたらよいのかと少し考えました。今年5月に長居公園を走っていた時にも財布を拾って、どこに届けるか悩み、長居公園をひたすら歩いて、受付まで行きました。

やっぱりこれは、交番かなと思いつき、駅前の交番まで届けることになりました。

 途中で財布を探している落とし主にばったり会って、「財布泥棒!」と言われないように、手で持って、見えるようにして、歩いて持って行きました(笑)

 交番に入ると、だれもいません。内線電話をかけると、内側のドアが開いて、3人の警官がドヤドヤと出てきました。

私:「財布拾いましたので届けました」

警察官:「どこで見つけましたか?」

私:「ここから500mくらい下った場所です(と絵で描いて説明)」

その間に、別の警官が中身を確認して、1万円札5枚、千円札10枚、クレジットカード、氏名〇〇、などと現物確認しつつ、本庁に連絡していました。

警察官「1割もらう権利がありますが、どうしますか?」

私「あ、不要です」

警察官「1年間落とし主が見つからなかった場合は、届主の所有になりますが」

私「あ、大丈夫です」

警察官「落とし主から、お礼の電話なども、してもよろしいでしょうか」

私「あ、大丈夫です」

という感じで、20分くらいやりとしりて、最後、所有権やお礼も不要である旨、書類にサインして、帰宅しました。

「拾得物件預かり書」という、だれが、何を、いつ拾ったのか、証明書のようなものがもらえました。

警察官は、手際よく、礼儀も正しかったです。

「わざわざ届けて頂きありがとうございました」

とお礼まで言われちゃいました(^^♪

 

次、1000万円くらい拾ったら、1割は、もらおっかな~と、思っています(^^♪

 

 

子育て研究2(努力の名言紹介)

f:id:Blue_green:20200712222002p:plain

逆上がりの練習(ひたすら努力と反復ですね)

 大阪主愛教会の男性社会人(子育てパパ)の「子育て研究」です

「子育て研究1」で「努力をほめること」について書きましたが、「努力」と「習慣」に関する名言を紹介をします。

(1)努力について(出典不明)
「努力して、結果が出ると、自信になる。」
「努力せず、結果が出ると、傲りになる。」
「努力せず、結果も出ないと、後悔が残る。」
「努力して、結果が出ないとしても、経験が残る。」

 

(2)習慣について(松井の母校、星稜高校ベンチに掲げられているそうです)

「心が変われば、行動が変わる」  
「行動が変われば、習慣が変わる」  
「習慣が変われば、人格が変わる」  
「人格が変われば、運命が変わる」

 

(3)牧師先生

・私に、何度も教えてくれました。「人は作り方次第だ」「考え次第で、運命が決まる」「反復すること繰り返すことにより超人になれる」「反復、努力が天才だ」。

・努力することも、何度も繰り返すことも難しいのですが、子育ても何度も繰り返し、機嫌が良い時に教えてあげないといけないですね。

頑張りましょう。(^_-)-☆。

 

 

仕事研究10(問題と課題)

f:id:Blue_green:20200705211012p:plain

これが課題ですね

 大阪主愛教会の子育てパパの仕事研究です(^^♪

今回は、問題」と「課題」について説明したいと思います。

 私も、以前はあまり意識してなかったのですが、仕事で行き詰まったときに研究しました。自分の仕事が、「問題」解決をしているのか、「課題」解決をしているのか、判断することができるので、便利です。

[問題」と「課題」については、検索したら多く出てきますので調べてください!(^^)!

では、本題。

 仕事をしていると、順調に進まず、問題が生じることが多い。私の場合は、基本、「問題」ばかり起きるので、その中から「課題」を見つけて、日々それを解決していくことが仕事になっている。

 人が絡むので、本人のやる気の「問題」、本人のスキルの「問題」、仕事の仕組みの「問題」、組織の「問題」、業務量の「問題」など、「問題」は様々ある。

 決められたことを、決められた通りにする仕事もあるが、ビジネスの世界は相手がいるので、常に方法を工夫し、絶えず変化させ、スピードをアップさせないとグローバル競争では負けてしまう。また逆に、強みは、変えてはいけない場合もありその見極めがとても難しい。

  研究した結果、「問題」と「課題」については、下記が一番しっくりきています。

①「問題」とは、「あるべき姿」と「現実」のギャップのこと。

②「課題」とは、「問題」の中から主体的に解決するべきこと。

③問題は、放っておき、先延ばししておいてもよい問題もある。

ポイントは、全ての問題を解決しないといけない訳ではないという点です。

 仕事では、あれも大変、これも問題だとよく言われます。でも放っておいてもよい問題もあります。「大変だー、こちらが優先だー」などと、様々に言われますが、本当に自分自身がやるべき事「≒課題」を見つけ、それに取り組むこと重要です。  

 工場組立ラインで部品不具合が発生したので、良品に組み替えて対応したのは「問題」を解決したこと。今後、部品不具合をどのように発生させないか?考えることが「課題」です。

 ご飯を炊いたが、水が少なく、硬かったので焼き飯にしたのは「問題」の解決。今後、ちゃんとごはんをおいしく炊けるように工夫する[水の量を間違えないようにする]ことが「課題」です。

 「問題」と「課題」の区分を意識して仕事すると頭の整理にもなり、仕事もはかどることが多いです(^^♪

 また、問題解決ばかりしていると刹那的な達成感のみで終わり、根本解決に至らない場合があります。私も、品質の仕事をしていたのですが、ひとまず、品質問題を解決することだけをして一日、数か月が終わることが多かったです。

 取り敢えず「品質問題は、部品を組み替えて対応した[火は消えた。消火完了!]」。でもまたいつどこで品質問題[ボヤ]が発生するかも分からないが、それはその時に考える。という感じ。

 本当に必要なのは、品質問題が再発しないように仕組みを作る未然防止活動[火の用心]で、それが本来するべき「課題」です。

 こんな感じで、「問題」と「課題」を区分して、「課題」に注力して取り組むことと効率が上がります。

 自分の仕事が問題に取り組んでいるのか、課題に取り組んでいるのか、一度考えてみてください!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

子育て研究1

f:id:Blue_green:20200628092847p:plain

努力をほめること

 

大阪主愛教会の男性社会人(子育てパパ)です。

 「子育て研究1」は、子供を育てる皆さんに、是非、挑戦して頂きたいことです。

「子育て研究0」で紹介したように、牧師先生からは「人は作り方次第だ」とよく教えて頂けます。だから、親の教え方や家庭教育がよくないと子供たちが、健全な考えと信仰を持てないのでは?とプレッシャーになります(笑)。そして、色々研究しました。

 では、今日の核心の話です。

「子供を育てる時に、才能をほめるのではく、努力をほめてあげてください」

 キャロル・ドゥエックさんは、研究仲間と共に次のような調査をしました。

最初、小学5年生400人に単純な問題を解かせた。そして、評価に関しては、以下のように分けて、伝えたそうです。

①知能[才能]をほめる(頭が良いのねぇ!)

②努力をほめる(本当によく頑張ったのね!)

 次に、難易度の高いテスト(難しいテスト)、難易度の低いテスト(簡単なテスト)をどちらでもよいから選択させました。

 結果は、①知能をほめた生徒は、三分の二が、簡単なテストを選んだ。そして、難しいテストを選んで、「頭が良い」というレッテルを失う危険を回避した。

 また、②努力をほめた生徒は、9割が難しいテストを選んだ。それは、正解を出すだけはなく、「実りのある可能性を追求することに関心があり、自分の頑張り(努力)を示したかった」からです。

 その次は、非常に難しいテストを与えた。

①知能をほめた生徒は、問題を解くのが自分は、得意でないと捉え、すぐに諦めた。②努力をほめた生徒は、テストにずーと長く取り組み、それを楽しんだ。

 そして最後に最初のテストと同じ難易度のテストを解かせたところ、

①知能をほめた生徒は、最初に比べて20%点数が低下。②努力をほめた生徒は、30%点数が増加した。

ちょっとびっくりしませんか。

 最初のテスト結果のあとに告げた、わずかな言葉の違い([才能ほめる]or[努力をほめる])が、子供たちの成績に大きな影響を与えたそうです。

 だから、「子供をほめる時は才能をほめず、努力をほめてあげてください」。

これが、牧師先生の言われる「人は作り方次第だ。教え方次第だ」ということだと思います。

*この実験の話は「非才(マシュー・サイド氏著)」からの抜粋です。今後もこの本の事例を何回か、紹介します(^^♪。